久留米ゼミナール 英語専修コース

英語教育・英会話 コンフォース

お問い合わせ・資料請求はこちら 0942-27-7667 受付時間 AM10:00〜PM20:00 資料のご請求

受講者の声

Voice 1

TOEIC®スコア600⇒660へアップ。

S・Hさん(外資系企業・営業職) TOEIC®660点

会社でBULATSの受験をしないといけない・・・。その対策をしてもらえるところを探していたところ、英語専修コースを見つけました。それまでは本やCDなど自学で英語学習していましたが、続かずに断念。
英語専修クラスは予習の量もそれなりに多く仕事をしながら勉強するのは大変ですが、英語に関わる時間が増え、英語の学習が習慣化して、これまでのように長文読解が苦痛じゃなくなりました。
半年のコース受講ののち、先日のTOEIC®の試験ではTOEIC®スコア600⇒660へアップ。
目標はTOEIC®700点突破とBULATS受験。
継続受講して会話力ももっともっと上げたいと思います。

Voice 2

自分の弱点とその対処法を論理的に教えて頂けます。

M・Iさん(外資系営業職) TOEIC®780点

上司が外国人で課内で英語をつかう必要があり、自学で英語の勉強は続けていました。
ある程度はコミュニケーションできていましたが、それ以上の伸びを感じられなくなりスランプ状態に。そんな時英語専修コースに出会いました。
ここでは自分の弱点とその対処法を論理的に教えて頂けます。授業は時事問題など面白いトピックが多く、興味を持てる教材ばかりなのでヤル気も沸きます。また家での勉強のやり方も教えてくれるので大変心強いです。
入学して半年以上経ちますが、言いたいことがスムーズに上司に伝えられるようになり、ニュースなどのリスニングが聞きやすくなりました。今後は、英語でのスムーズなプレゼンテーションが目標です。

Voice 3

海外の取引先とのe-mailや電話での交渉がスムーズにできるようになりました。

K・Jさん(メーカー・営業職)

機械メーカー海外営業部に勤務しています。
英語を使った業務や海外出張があり、受講を決めました。
まずは「基礎英語クラス」で土台を固め、その後「英語専修クラス」にレベルが上がりました。
本格的に英語が勉強できるシステムが整っているところや、社会人でも通いやすいところ、また担当の先生の人柄が大変いいと思います。
先日TOEIC®テストで念願の600点越えしました!仕事では、英語力に自信がついたことで海外の取引先とのe-mailや電話での交渉がスムーズにできるようになりました。
1年以内にTOEIC®テストで800点突破し、仕事でもワンランク上の英語を使いこなして周りに差をつけたいです。

Voice 4

声出ししながらトレーニングするのは楽しくてとても良かったです。

N・Rさん(学生)

TOEIC®の勉強に行き詰まったのがきっかけで入学しました。
それまでは長文を訳したり参考書の問題を解くなど、自分ひとりで黙々と勉強をしていました。(できているのかもわからないまま…。)
このクラスでは文法から丁寧に教えて頂いているので、確実に身についている感じがします。またTOEIC®につながる基礎の部分からの勉強法も分かり、ヤル気にもつながりました。
「シャドーイング」は初めてですが、声出ししながらトレーニングするのは楽しくてとてもいいと思います。
以前は恥ずかしくてダメだった英語を、最近ではもっとたくさん話したい!という気持ちに変わりました。
英検2級の2次面接対策もバッチリしてもらって、見事2級に合格!これからも英検やTOEIC®でいい結果を残して、最終的にはやはり「話せる」ようになりたいです。

Voice 5

「基礎英語クラス」で初歩的なところからきっちりやりなおしできました。

U・Kさん(地場企業・事務職)

これまでの独学での勉強と英会話スクールだけではこの先伸びないなと思っていた時この学校に出会いました。
なんとなく英語を話せていたつもりでしたが、挨拶や自己紹介程度で、それ以上は何も言えないという状態に嫌気がさしていたので、ここに通い始めてから「基礎英語クラス」で初歩的なところからきっちりやりなおしました。
きちんと勉強するのは本当に難しいと感じましたが、文法的に組み立てができるようにならなければ話せるようにならないということに早く気が付くことができて本当に良かったです。
その後さらにレベルアップして「英語専修クラス」へ入り、総合的な角度から学んだ結果、昨年の試験で英検2級にも合格することができました。
一念発起して1年間頑張った成果が実を結び、自信にもつながりました。

Voice 6

さらに磨いていき、英語でどんどん発表していきたいです。

T・Rさん(医師)

国際学会や論文発表で英語を使う必要性に迫られて一念発起して英語専修コースに入学しました。
それまではラジオ英会話などで独学していて、なんとなく聴きとれていると思っていましたが、こちらに通い始めてそれが勘違いだったことに気づかされました。
前田先生とのカウンセリングで、英語を話せない原因が聴きとれていないことだということが分かったので、それからは毎日診察の合間にシャドーイングをしたり、授業の教材を聞き直したりを繰り返しています。
先日、国際学会のプレゼン準備の際には先生方に大変ご尽力いただきました。
プレゼンの原稿チェックだけでなく、発表の際のつなぎの言葉や抑揚の付け方、間の取り方など実践的な指導をしていただきとても役に立ちました。
今後は質疑応答に対応できるようリスニング、スピーキングをさらに磨いていきたいし、論文も英語でどんどん発表していきたい。
やりたいことがたくさんです。

Voice 7

やればやるだけ確実にフィールドで使える英語が身につきました。

O・Fさん(医師)

大学院入学に際して、研究および論文作成のために医学英語が必要になったのがきっかけで始めました。卒業後は英語の勉強はほとんどしていなかったので、久しぶりの英語の授業に多少緊張していましたが、先生の人柄が良く、ギャグやダジャレで紛らしてくれるので楽しく学ぶことも教えていただきました(笑)。
この「医療従事者のための英語クラス」では、「聴く」・「話す」プラス忘れてしまった「英文法」を分かりやすく解説してくれます。そのバランスが非常にいいと思います。
そして、やればやるだけ確実にフィールドで使える英語が身につくということが実感できました。
英語の勉強が習慣化され、やれないことの言い訳を自分にしなくなりました(笑)。
これからも長期スパンで英語の勉強を続けていくつもりです。

Voice 8

リーディングやリスニングで基礎を学びながら会話のトレーニングを…

Y・Yさん(医師)

大学病院で勤務医として働いています。
英語の論文を読んだり、執筆したり、また年に数回は国内外の国際学会に出席し、プレゼンを行うこともあり、英語力の不足は以前から痛感していました。
数年後にはアメリカに留学したいと考えるようになり、医療英語のクラスを受講することにしました。リーディングは自分では読めたと思った英文も、授業を受けてみるといかに曖昧に読んでいたのかが分かり、自分の弱点が見えてきました。
医療現場を想定した会話フレーズの暗唱やロールプレイングなどは実践でもすぐに使える医療英会話なので楽しく身についているのを感じます。
論文のアブストラクトの英文校正や、国際学会に出席する前にはプレゼンの練習などでプライベートレッスンを利用しています。

Voice 9

実践でもすぐに使える医療会話を身につけることができる…

T・Hさん(歯科医師)

仕事の都合で決まった時間に受講することが難しいため、マンツーマンのプライベートレッスンを利用しています。
最新の治療法を学ぶため年に数回はアメリカに出張しているのですが、毎回通訳をつけないとコミュニケーションがとれない状況が続きました。
英会話ができるようになりたいと思っていたところ、医療従事者対象の英語クラスがあることを知り、一念発起して英語を学び始めました。
会話を習う以前にリスニング力や語彙力が不足していることが判明したので、授業中リーディングやリスニングでしっかりと基礎を学びながら、会話のトレーニングをビシビシしていただいています。
焦らずコツコツと勉強を続けて、いつか自分の力でコミュニケーションできるようになりたいです。