PAGE TOP


  • Posted on
  • 2016,11
  • 28

英語でスピーチ(勤労感謝の日)  ~授業より~

red-christmas-present1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Conforce Youth(中高生コース)担当の早瀬です。

 

先日、中高生コースの授業で次のようなことをしました。

 

「勤労感謝の日だから、親に感謝の気持ちを英語で伝えよう!!」

 

保護者に内緒で温めてきたこの企画。

 

始まりと終わりのフレーズと生徒本人たちがわからない語彙だけ教えて、

 

あとは生徒本人たちに伝える内容を考えてもらいました。

 

「原稿を作ったら意味ないから、自分の言葉でその場で英語を言ってごらん。

ただし、難しい語彙などはメモ書きして見ていいからね。」

 

家での練習もこそこそとやり(本人談)、そして録画当日。

 

少し緊張した面持ちで最終練習に余念がない生徒たち。

 

練習では上手く言えても、いざカメラが回ると・・・

 

自分の思ったように言えなかったみたいで、Take2

(ちゃんと親に伝えたいんだなあ・・・と感動!)

 

録画した動画に、スタッフ(これまた優秀なバイリンガル)が字幕をつけ、

(その場なので小さい文法ミスはありましたが、だからこそ心からのメッセージだと伝わります)

 

生徒本人たちに確認をしてもらったところ、

 

「ここはこういう意味で言ったつもりなんです」とちゃんと親に伝えたいことを主張し、

(この発言にまたまた感動!!!)

 

家で保護者の方に観て頂きました。

 

そして電話で感想を聞きました。

 

英語の成長具合を見て、とても喜んでいらっしゃいました。

(やってよかったなあ、と一安心。)

 

 

さて、来年はどんなサプライズをしようか楽しみです。