PAGE TOP


  • Posted on
  • 2016,6
  • 18

【コンフォース・受講者の声】医療従事者の為の英語コース②

 

T・Rさん(医師)のお話です。

 

国際学会や論文発表で英語を使う必要性に迫られて一念発起して英語専修コースに入学しました。それまではラジオ英会話などで独学していてなんとなく聴きとれていると思っていましたが、こちらに通い始めてそれが勘違いだったということに気づかされました。

 

前田先生とのカウンセリングで英語を話せない原因が“聴き取れていないこと”だということが分かったのでそれからは毎日診察の合間にシャドーイング(英語を聞くそばから、影のように後から追いかけて口に出す練習方法)をしたり授業の教材を聞き直したり、を繰り返しています。

 

また 先日、国際学会のプレゼン準備の際には先生方に大変ご尽力頂きました。

プレゼンの原稿チェックだけでなく、発表の際のつなぎの言葉や抑揚の付け方、間の取り方など実践的な指導をしていただきとても役に立ちました。

 

今後は質疑応答に対応できるようリスニング、スピーキングをさらに磨いていきたいし論文も英語でどんどん発表していきたい。やりたいことがたくさんです。