PAGE TOP


  • Posted on
  • 2015,4
  • 23

みんなちがって みんないい ~Rainbow Kids 久留米 子供 英会話 

”Hello~!!”

といつも賑やかにシャトルバスを降りて

レインボーキッズに子供たちは入ってきます。

それから上履きに履き替え、ランドセルを置きに教室に入るのですが、

ランドセルを背負ったまま、ホワイトボードにお絵かきを始める子もいれば、

「おやつは何~?」と聞いてくる子もいれば、

宿題をやり始める子もいれば、

レスリングで私に挑んでくる子もいれば、

オセロをやり始める子もいます。

 

そういう光景を見て私は

「わたしと小鳥とすずと」

という金子みすずの詩を思い出します。

 

わたしが両手をひろげても、

お空はちっともとべないが、

とべる小鳥はわたしのように、

地べたをはやくは走れない。

 

わたしが体をゆすっても、

きれいな音はでないけど、

あの鳴る鈴はわたしのように

たくさんのうたは知らないよ。

 

すずと、小鳥と、それからわたし。

みんなちがって、みんないい。

 

 

競争を煽るのではなく、

それぞれの個性がぐんぐんと自由に元気に伸びるような

サポートをできればいいなあと思います。