PAGE TOP


  • Posted on
  • 2014,12
  • 11

ポーラー エクスプレス ~久留米 英会話 英語 クリスマス 映画

今年も

街がたくさんのクリスマスイルミネーションで彩られています。

 

私が子供のころは、今ほど色とりどりで、いろんな形をしたたくさんの

電球があったわけではなかったのですが、それでも、クリスマスの雰囲気に

酔いしれたものでした。

 

街の雑踏(天神地下街など)も、クリスマスソングでなんだか西洋風に見えたりして、

煙突なんてない、和風家屋でこたつに入ってクリスマスケーキを食べ、

サンタからのプレゼントが待ち遠しくて

さっさと寝ていたのを鮮明に覚えています。

 

 

でも、最近の子供はどうなんでしょう?

妙に賢くて、現実的な子供が多いように感じていますが、

私がそうであったように、最近の子もクリスマスムードに浸ったり、

サンタクロースを信じていたりするのでしょうか?

 

この時期に必ず観たくなる映画があります。

サンタクロースを信じない少年の物語です。

ディスニーならではのピュアでシンプルなストーリーなのですが

映像も綺麗で、クリスマスの雰囲気が臨場感を持ってたっぷり味わえ、

子どものころに感じていたクリスマス感が蘇るような、作品です。

 

たくさんの豪華なクリスマスイルミネーションはあるけれど、

果たして、その輝きが今の子供たちに届いているのか。。。

物に溢れ、何の物質的な不自由もなく育ってきた世代は、

欲しがれば何でも与えられるからこそ、自分で手にいれようと努力する機会を

持たずに大きくなっているのではないか。。夢を見ることもないのではないだろうか。。。

また同時に安定を求めるばかりに冒険をさせず、親がレールを敷いて、

そこに脇目も振らせず子供を乗っけようと

しているのではないだろうか。。。

 

という懸念を抱いているのは私だけでしょうか。

将来を担う子ども達が

チャレンジしてみようというガッツを育むことができる、

カラフルな夢をみることができる社会、環境を失いたくないですね。

 

 

「 The Polar Express 」

 

是非、英語でご覧ください。