PAGE TOP


  • Posted on
  • 2013,10
  • 22

英語専修コースの秋

こんにちは。スタッフの栗野です。

 

今月もあと10日。

 

10月も下旬に突入し、気づけば今年もあと残り2か月となりました。

 

 

歳を重ねるごとに月日の過ぎるのは早くなるよ〰と言われてはや〇〇年。

ホントに早く感じる今日この頃です。

 

 

 

英語専修コースも先生方の服装もすっかり秋色。

 

玄関ではハロウィン真っ盛りで、 ジャックランタン(Jack-o’-lantern)」を模したいろんなカボチャたちがお出迎え。

 

 

 

職員室では、やっと衣替えしたのよ〰と茶系のシックな装いの今井先生。

 

 

ぱっきりした色がとてもお似合いの手島先生はビビッドなピンクのセーター。

 

 

昨日お休みだった前田先生は今日は黄色のあったかカーディガンにカチューシャでレディライクな・・・というんでしょうか。女子力満開です。

 

 

そして私は、キャメルのセーターにとりあえずブーツで、それなりに秋です。(ここに書くならもっとオシャレしてくればよかった・・・(-“-))

 

 

 

とにもかくにも秋真っ盛りな職員室です。

 

 

 

英語専修コースでは、これから年末に向けてイベントテストがたくさん控えています。

 

ちなみに今週土曜日には『英語deお茶会』があります。

お茶の作法を英語で習えるって、ちょっと興味深いですよね。

 

 

今、週末の準備のためお茶の道具が続々と揃ってきています。

道具ひとつとっても、非常に興味深いです。

 

 

 

参加してくれる生徒さんの何人かや手島先生、さらには当久留米ゼミナールの理事長もお茶の心得があるとのこと。

当日は理事長が点ててくださったりして!?

 

 

 

日本を代表する文化に造詣があるなんて、ホントに素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

ひとりの日本人として、諸外国にも堂々と日本の素晴らしさを説明できるよう、英語は当然ですが、日本文化についてももっと勉強しなければならないなーと、つくづく感じています。