PAGE TOP


  • Posted on
  • 2013,9
  • 3

英会話とダイエットの意外な共通点

こんにちは。英語専修コースの前田です。

 

厳しい夏の暑さもおさまり、ようやく過ごしやすくなったと思ったら、今度は秋の長雨。

 

皆さん体調など崩されていませんか?

 

 

さて、今日は英会話とダイエットの意外な共通点ということで書こうと思います。

 

私ごとですが、運動不足を解消するため、スポーツジムでヨガピラティスを習っています。

 

ヨガは瞑想やストレッチを行うことでストレス解消に効果がありますが、

 

ピラティスは体の内側の筋肉、いわゆるインナーマッスルを鍛える軽めの筋トレです。

 

 

ピラティスを始めたのは2年ほど前ですが、当初は先生に指示されたポーズをほとんど取れず、

 

ぷるぷるっと筋肉を震わせながらのへっぴり腰でした。

 

しかし、最近ふと気づいたのです。

 

以前はできなかったポーズが出来てる!!(ピラティスのV字ポーズ。ちなみにこの写真はわたくしではありません)

 

そして、最近は肩こり腰痛がそれほどひどくない(以前は週に1回整骨院に通ってました)

 

 

そしてそして、最近なんだかいい体になっている(すみませ~ん。自慢に聞えました?)

 

 

私はそんなに意思が強いのでしょうか?いやいやそうではありません。

 

これまでいろんな挫折を繰り返3日坊主ならまだいいほうで、1日でやめたものも数知れず。

 

 

では、なぜ今回私はこんなに綺麗になれたのか(自称) ← どこかから石が飛んできそう。

 

 

自己分析をしてみました。

 

 

①体を伸ばすのが気持ちよく、インストラクターの先生が大好きだったため楽しく通えた

 

 

②できなくても叱られず、成果を求めすぎず(だらだらとではあるが)継続できた

 

 

③スポーツジムは毎月定額制で、通えば通うほど1回の単価が下がるため、少しでも得をしてやろうという気持ちで通った。

 

 

 

 

英語学習がうまくいった時を振り返るとは、

 

①一緒に勉強する仲間をつくって励ましあいながら楽しく勉強した

 

②1年2年という長いスパンで成果がでればいいやというくらいのゆったりとした気持ちで行った。

 

③あえて学費が高くしっかり教えてくれる学校に通い、指示されたことを忠実に行った

 

 

 

ちなみに私がこれまでに挫折したケース(ほとんど英語学習)だと

 

 

①資格試験のためにやらなければならないという強迫観念で勉強したため一種の苦行だった。

 

 

②資格試験などで目に見える成果が得られないと一気にモチベーションが下がった

 

 

安く済まそうと、参考書を買って独学するも、やる気を失いそのまま放置。

 

そして、モチベーションUPのため、再開するときには参考書を買いなおす

 

⇒そうやって私が集めた参考書を英語専修コースの図書コーナーで貸し出しております♪

 

 

ダイエットと英会話(英語学習)って似てますね。

 

 

楽しく、すぐに成果を求めすぎず、自己投資と回収の意識!

 

 

みなさんも、この秋英語(とダイエット)始めませんか?

 

 

英語専修コースでお待ちしております。