PAGE TOP


  • Posted on
  • 2013,8
  • 21

取り組みやすいリーディングとリスニングの勉強法

記録的な猛暑が続いていますが、皆さん体調はいかがですか?

 

講師のマールバーグです。

 

私は、一昨日、突然の頭痛と吐き気に襲われ大変な思いをしました。

1日で回復しましたが、おそらくエアコンで体調を崩したのだと思います・・・。

 

あぁ~秋が待ち遠しいですね。

 

 

ところで、今日は、取り組みやすいリーディングとリスニングの勉強法をお伝えしようと思います。とても簡単な方法なのでぜひ、取り入れてみてくださいね!

 

 

まず、気になるニュースを日本語で読みます。

 

例えば、今、桜島の噴火が話題になっていますよね!

 

 

それでは以下の記事を読んでみましょう。

 

 

桜島噴火、観測史上最高の噴煙5千m…火砕流も

 18日午後4時31分、鹿児島市・桜島(1117メートル)の昭和火口で爆発的噴火があり、噴煙が火口から約5000メートルまで上昇した。 鹿児島地方気象台によると、昭和火口からの噴煙の高さは1955年の観測開始以来、最も高い。 気象台によると、直径50センチ以上の噴石が3合目(昭和火口から1300~1800メートルの距離)まで飛び、小規模な火砕流が南東方向に1キロ程度確認された。 噴煙は風に流され、鹿児島市中心部では大量の火山灰が降った。午後5時頃には上空が暗くなり、車はライトを点灯させ、市民は傘をさしたり、ハンカチを口に当てたりするなどしていた。 気象庁は今のところ、これ以上の大規模噴火に発展する予兆は見られないとしている。 桜島の南岳山頂火口では、2000年10月7日に噴煙5000メートル以上の噴火が起きている。(2013年8月18日23時07分  読売新聞)

 

それから、今度は同じニュースを英語で読むのです!!

 

日本語のニュースを参考にしながら、、、、多少わからなくても気にしないで。

 

 

ではどうぞ!!

 

 

 

Kagoshima cleans up from Sakurajima blast

The Yomiuri Shimbun KAGOSHIMA—Kagoshima residents were busy cleaning up volcanic ash on Monday, a day after Mt. Sakurajima spewed ash as high as 5,000 meters to blanket the city of 600,000 people.  According to the Kagoshima Local Meteorological Observatory, the explosive eruption from the Showa vent occurred at 4:31 p.m. Ash reached a height of 5,000 meters, the highest recorded from the Showa vent since the observatory started monitoring the active volcano in 1955. Volcanic rocks measuring 50 centimeters in diameter were observed at the Third Station of the mountain, or 1,300 to 1,800 meters from the Showa vent, the observatory said. It also confirmed a small pyroclastic flow about one kilometer long. The observatory predicts no further major eruptions from the volcano for the time being. The city of Kagoshima, meanwhile, mobilized about 60 ash-cleaning and water-spraying vehicles from early Monday morning. The observatory reported about 120 grams of volcanic ash falling per square meter of ground from January to July this year. On Sunday alone, however, it recorded 13 grams of ash. “Ash fell over a wide area in this eruption,” said a Kagoshima city official. “We’ll attempt to clean it up in three days.” On Oct. 7, 2000, the volcano erupted from the Minami-dake peak, sending ash more than 5,000 meters high.

 

 

いきなり、英語のニュースを読んでもあまり理解できないかもしれませんが、日本語を先に読むとなんとなくストーリーが見えてきませんか?

 

対訳の記事ではないので内容は100%同じではありませんが、共通する言葉が多くあるので、日本語の記事がかなりのヒントになりますよね!!!

 

例えば・・・

 

 

the Kagoshima Local Meteorological Observatory : 鹿児島地方気象台

the Showa vent:昭和火口

explosive eruption : 爆発的噴火

ash reached a height of 5,000 meters:噴煙が河口から約5000メートルまで上昇した

the observatory started monitoring the active volcano in 1955:1955年の観測開始(以来)

 

 

などなど、挙げれば多くあります。

 

上記の日本語訳は日本語のニュースから拾ってきたものです。ここでの鍵は、日本国内の馴染みのあるニュースを読むということです。

英語で何かを読むのはちょっと・・・と苦手意識のある方は、ぜひ、日本のニュースを英語で読んでみてください!

意外とわかるなぁ、と嬉しくなりますよ!私も、最初はそこからスタートしました。

 

 

そして締めは・・・このニュースを英語で聴いてみてください!

 

 

http://www.youtube.com/watch?v=iyQ6EvWjsx0

 

 

何となく理解できますよね?

 

リスニングのお勧め勉強法は、毎日19時か21時のNHKニュースを英語で見ることです。日本のお馴染のニュースを英語で聴くと何も知らない分野の英語よりも、理解できて感動しますよ!少しの努力で、結構成果の上がる方法だと思いますので、是非取り入れてみてくださいねっ!!