PAGE TOP


こんにちは。英語専修コースの前田です。

 

今日は、この春一番の陽気です。春一番も観測されたとか。

 

そんな春の午後、私は佐賀県庁にて(財)佐賀県国際交流協会主催の

 

医療通訳セミナー「みんなで話さんば!医療通訳!!」

 

に参加してきました。

佐賀県国際交流協会は、医療通訳の普及のためにさまざまな活動を行われており、

 

私も昨年秋に開催された 
Reed more
こんにちは、英語専修コースの前田です。

 

三寒四温で春の訪れを感じる今日この頃。受験シーズンたけなわです

 

さて、今日2月25日は国立二次試験。久留米ゼミナール(予備校)では1月末から熱い2次指導が繰り…
Reed more
  • Posted on
  • 2013,2
  • 20

英語を学び始めたわけ

こんにちは。講師の藤尾です。

昨日、ダム周辺の遊歩道でウォーキングをしたからでしょうか、今朝はくしゃみ、鼻水、目のかゆみが収まりません。

どうやら花粉症のようです。春の到来は花粉症とともに・・・。

 

 

昨夜TVをつけたら、きゃりー・ぱみゅぱみゅのフランスコンサートの模様が流れていました。きゃりーとお揃いのコスチュームの女の子やファンの男の子たちはノ…
Reed more
  • Posted on
  • 2013,2
  • 18

大学合格!!

こんにちは。スタッフの栗野です。

今日はうれしいニュースが飛び込んで来ました!

 

当英語専修コースでアルバイトをしてくれている留学生の蔡謙くんが、

見事大学に合格したとの知らせが!

 

 

蔡謙くん、ホントに合格おめでとう!!

 

まじめでとっても優…
Reed more
こんにちは。

今日は、我が英語専修コースにて活躍しているスタッフにスポットを当て、ご紹介したいと思います。

 

今回は記念すべき第1回目!ということで、やはり英語専修コースのステキ女子☆コース長の前田美里先生からご紹介させていただきたいと思います。

 

 

 

前田先生は、ホームページのスタッフ紹介でも掲載しているとおり、10年あまりの年月を久留米ゼミナール大学受験科で
Reed more
日差しは春らしくなってきましたがまだまだ寒いですね。

 

先週から我が家では風邪菌が蔓延していて、私も40度近い高熱にうなされ英語の勉強どころではない日々を送っていました。

 

 

体も回復しつつあるので、そろそろ悪循環を断ち切らねば・・・と、今日は通勤途中で英字新聞を買って、車内で社説を一人でぶつぶつ・・・口頭で和訳しながら久留米までやってきました!

 

 

何らかの理由でしばらくやるべきことから遠のいてしまうと、元に戻すのに気合が必要ですよね。

 

罪悪感もありますし、、、、。

 

やはり人間何も…
Reed more
みなさんこんにちは。

英語専修コース講師の池脇です。

 

 

ちょっと暖かくなったかなと思えば、今日は雪。

三寒四温といわれる季節となりました。

季節の変わり目、みなさん体調にお気を付けくださいね。

 

 

 

さて、先日社会人の受講生Uさんとこんなお話をしました。

 

 

池脇:Uさん、最近の英語の調子はいかがですか?

 

Uさん:実は昨…
Reed more
寒さも緩んできたこのごろ、皆さんいかがお過ごしですか?

英語コースでバイトをしております蔡(サイ)と申します。

僕は久留米ゼミナール大学受験コースに通っている中国から来た留学生です。

幼いころ福岡と東京に8年住んでいたことがあります。

今から1年前の4月に久留米に来ました。

まだ日本語もたじたじですが、皆さんよろしくお願いします。

 

 

さて、…
Reed more
こんにちは。スタッフの栗野です。

今日は暖かい日差しに包まれて仕事をしています。

花粉も飛んだという情報の中、くしゃみ鼻水に襲われた私はやはり花粉症を発症しているのでしょうか・・・。早過ぎる!!

 

そんなこんなでそろそろ春も近いのかもしれませんね。

 

 

我が家は近頃ガーデニングをサボっていたので誰も見向きもしない(虫さえも寄り付かない)花壇になっていましたが、この度やっとリニューアルを果たしました!

パンジーさんやジュリアンさん、ノースポールさんなどをお迎えし、冬の殺風景な装いにも彩りをもたらしてくれております。

 

Reed more
こんにちは。英語専修コースの前田です。さて、英単語の覚え方最終回となります。

 

vol.1で、『記憶のフック』に引っかける具体的策として8つの方法をご紹介していましたが、今回②以降をご紹介します。

 

②語源に着眼する 

 

英単語の暗記に関して、予備校生からも苦情が多く寄せられるのが『多義語』の存在です。苦情というのは、『こんなんだから英語嫌いっちゃんね』という類の苦情です。

 

一つの単語に日本語が3つも4つも、多い場合には…
Reed more