PAGE TOP


  • Posted on
  • 2013,1
  • 30

ビジネス英語 ~Readingのススメ~

 

こんにちは。講師のマールバーグです。

寒い日が続きますが、みなさんお元気ですか?

 

今日は、久留米に向かう電車の中でイギリスの英文雑誌『The Economist』を読んできました。

通勤に1時間かかるので、電車の中は私にとって貴重な勉強時間なのです。

 

”After decades of sending work across the world, companies are rethinking their offshoring strategies.” 

 

- 企業の海外生産戦略の見直し―  に関しての記事を読みました。

その中で、キーワードになる単語がいくつか出てきたので今日はそれをピックアップしてみます。

 

China is no longer seen as a cheap manufacturing base but as a huge new market. Increasingly, the main reason for multinationals to move production is to be close to customers in big new markets. This is not offshoring in the sense the word has been used for the past three decades; instead, it is being “onshore” in new places.  Companies now want to be in, or close to, each of their biggest markets, making customized products and responding quickly to changing local demand.

 

これまで先進国の製造業は、海外の安い労働力を求めて製造拠点を海外に移し続けてきましたが(offshore)、新興国の賃金も上がり、新興国と先進国の賃金格差も縮まり、新興国が経済力をつけるにつれ購買力も上がってきています。企業が生産拠点を海外に持つ理由もそれにつれ変化してきているようで、新興国の巨大な新市場の顧客ニーズに素早くこたえるために、製造拠点を近くに持とうと(onshore)いう動機に移り変わってきているとのことです。

 

文中で、offshoreとonshoreとが対比されていますが、企業がどの国を市場としてとらえているのかで、新興国の製造拠点がoffshoreなのかonshoreなのかで使い分けられています。(offshoreの場合は、海外で作った製品を本国で売る、onshoreは海外で作ってそのままその国で売るというイメージです。) 海外で生産するという事実は同じなのですが、新興国が単なる製造拠点から消費国として移り変わったことで、単語の使われ方も変わってきているのが面白いですよね。

 

同じ理由で、新興国の企業が先進国に製造拠点を構える動きもあるようです。

少し背景知識が分かったと思いますので、英語も理解しやすいと思います。

以下、読んでみてください。

Lenovo, as a Chinese company, has its own factories in China.  The reason it is moving some production to America is that it will be able to customize its computers for American customers and respond quickly to them. If it made them in China they would spend six weeks on a ship.

 

新興国の企業も、製造工場を先進国の顧客の近くに持つ事例が増えているのですね!その国々によって微妙にニーズが異なっているのでしょう。距離的に近い方が対応しやすいのはどの企業も同じですよね。

 

英文雑誌を読む醍醐味は、その分野のトレンドが分かるということです。大体、こういったトレンドが日本語の情報で入ってくるまでに多少なりともタイムラグがあります。英語で触れた新語や最新トレンドが、後日、日本の新聞に載っていたりするとなんだか嬉しくもなります!

 

英文の記事というと、アレルギー反応を示す方もいるかと思いますが、ぜひ、趣味の分野、お仕事に関連する分野の英語に目を通してみてください。そのうち、その中でよく使われる単語、その分野の文体にも慣れてくるものです。

 

なぜ、リーディングをお勧めするかと言うと・・・・

読めないものは、聞けないし、絶対に話せません。

 

私は、「またそろそろ英語力を伸ばしたいな~」と思った時は、まずリーディングを強化します。英語を勉強し始めた頃から、ずっとその繰り返しなのです。私の英語力はまだまだ発展途上中で皆さんに偉そうなことは言えませんが・・・

私の中での語学力というのは、らせん階段のように上がっていくイメージです。私はまず、リーディングで語彙力や背景知識をぐっと深め、その上でリスニング、スピーキングへと応用させていきます。読んだ記事は、この表現は自分で使えるかな、話せるかなと確認する作業も大切ですが、それはまた次回にお話しします・・・・。

 

まぁ、まぁ!話は固くなりましたが、まずは気軽に、みなさんも生活の中にもぜひリーディングを取り入れてみてくださいね!ぐっと英語力がつきますよ!