PAGE TOP


  • Posted on
  • 2013,1
  • 15

英単語どうやっておぼえてる? vol.2

こんにちは、英語専修コースの前田です。センター試験まであとわずか。

 

受験生の皆さんの不安や緊張が授業からも伝わってくる今日このごろです。

 

教師にできることはただ、祈るのみ。みんな、とにかく体調崩さずがんばって。

 

さて、今回のテーマは単語の覚え方その2です。

 

前回、記憶のフックに引っかけるというお話をしましたが、今回はその具体的な方法についてご紹介していきます。

 

 ① 語の構成(接頭語・語幹・接尾語)に着眼する

 

 ②語源に着眼する

 

前回もお話ししたとおり、この2つの方法は、覚えようとする全ての単語に対して必ず行うようにしてください。

 

なぜならこの2つをすることで語彙が雪だるま式に増えるからです。

 

ところで、みなさんは小学校で漢字を覚えたとき、「へん」や「つくり」など漢字の構成を意識して覚えましたよね

 


たとえば 「さんずい」なら「水」に関係している(泳・液など)、「にくづき」が含まれていれば「体」に関係している(肺・肝臓など)。

 

 

実は、アルファベットの羅列に見える英単語も同じなんです。

 

少し長めの英単語はほとんど、 接頭語+語幹+接尾語 に分かれています。これが英語の語の構成です。

 

 

接頭語は『方向・否定』などを表し、語幹は『意味の中心』となり、接尾語を見れば『品詞』がわかります。

 

では早速、やってみましょう。手元に辞書をご用意下さい。

 

 

 

 

 

 

紙であれ電子であれなんであれ、『語の構成』 と 『語源』 が確実に掲載されている辞書を使用してくださいね。

 

辞書によっては、まったく載っていないものもありますので載っていない場合は辞書を『買いなおす』必要があるくらいこれからお話しすることは重要です

 

ここでは大学受験用の辞書としておなじみの 大修館書店 ジーニアス英和辞典【第3版】をもとにお話を進めていきます。

 

 

たとえば、rejectionという単語(すぐに意味は浮かびますか?)

 

辞書をひくと → reject  という記述があります。

 

これはrejection はrejectに-ionという接尾語を付けた語であることを表しています。rejectionの品詞はもちろん名詞

 

 -ion は単語を名詞化させる接尾語だということがわかります。

 

では次にrejectを見てみましょう。ココからが大事ですよ。

 

reject / [発音記号:省略]/ 【もとへ(re)投げる(ject) .cf. project, subject 】派 rejection(名) 

—他1[SVO]人が〉〈援助・提案・申し出など〉を[・・・として](きっぱり,すげなく)拒絶する (続く・・・)

 

と表記されています。皆さんはどこを見ますか?太字で表記されている「拒絶する」という意味だけを見るのは、常に効率が悪い英語の勉強法だといって間違いありません。

 

そう、ここで重要なのは語の構成に着眼することです。

 

reject / [発音記号:省略]/ 【もとへ(re)投げる(ject) .cf. project, subject 】派 rejection(名) 

—他1[SVO] 〈人が〉〈援助・提案・申し出など〉を[・・・として](きっぱり,すげなく)拒絶する (続く・・・)

 

この赤字の部分です。rejectはre と jectに分かれていてreは「もとへ」という方向、jectは「投げる」という意味を示しています。

 
 
そして cf.(ラテン語でconfer:・・・を参照、という意味)としてproject, subjectが上げられています。
 
 
 
ここで、面倒がらずにprojectとsubjectも調べてみることがとても大切です。
 
 
 
project (前方へ)pro(投げ)ject 出す → 前に投げるもの → 企画
subject (下に)sub (投げる)jectから「研究・支配などの対象となるもの」が本義  → 主題
 
 
jectつながりでいくらでも語彙が増えそうな予感♪ がしてきましたね。
 
 
もともとはrejectionを調べようとしてここまで寄り道をしました。
 
 
実はこの寄り道が記憶のフックという観点でいうととても大切!なんです。
 
 
 
ただ、単語の意味だけを見て辞書を閉じてしまった場合と、jectつながりで親戚となる言葉まで調べた場合との
 
 
rejectionという単語に対する思い入れの違いは明白でしょう。
 
 
rejectionはもうすでにあなたにとって、他人ではありません。
 
 
親戚ぐるみのおつきあいをしている大切な友人なんです! なんて、愛着わいてきますね~。
 
 
しかももう、ject=投げるという意味や、接頭語 pro-   sub- がわかっていますので、の単語も推測が出来る ようになっているはずです。 Let’s try!
 
 
injection
 
subway
 
propose
 
 
では答え合わせ。
 
injection は   in 中に ject 投げる ion  こと → 注入、注射、投入
 
subway は sub下の  way 道 → 地下鉄
 
proposeは pro 前へ pose 置く → 提案する、企てる、(結婚しないかと提案するから)プロポーズする
 
 
いかがでしょう。[pose  置く]も多くの語句を作り出します。  impose, expose, compose, suppose・・・・(こうやって永遠に1人で言葉あそびが出来ます・・・)
 
 
単語集や辞書で一度ちらっと意味を眺めただけよりも記憶のフックにひっかかりやすくなりませんでしたか?
 
 
次回は②語源に着眼するにスポットを当てます。お楽しみに。